出張整体情報

コンディショニング整体とは

2016/06/06

林が勉強してきた「整体」の集大成となるメニューです。
「整体」とは何でしょうか?
体を整えることです。
筋肉をほぐしただけで本当の意味で健康になるのでしょうか?
林は、ここに疑問を感じておりました。
勉強をしてきた結果、
筋肉を緩めてはいけないところ も存在するし、逆に固めなくてはいけないところも存在するのです。
巷のリラクゼーション整体などは、この考え方が欠落しています。
それでは具体的にどのようにやっていくかを書いていきます。

■「トレーナー」「カイロプラクティック」「ほぐし・ストレッチ」のミックス「ホリスティックな整体」を使用

ステップ1 体のバランスが乱れている部分を見つける

まずは、お体の状態を確認します。
関節の可動域が固まっていたり、力が弱かったり、姿勢が乱れていたり。
そんな場所を見つけていきます。

ステップ2 筋肉をほぐす

そして、固まっている所の筋肉をほぐしていきます。
「ほぐし+ストレッチ」を用いていきます。
ほぐしとストレッチは筋肉を緩めるために行います。

ステップ3 関節(骨と骨の間)も滑らかにする

人の動きは骨と骨の滑らかな動きによっても起こります。
そこで、関節の調整が必要になります。
関節は「カイロプラクティック」の手技を用いて行います。
パキパキ鳴る時もありますし、鳴るのが苦手ならば持続圧でジワーっと調節も行います。
ここは、お客様の状態を見て行います。

ステップ4 0を+に転じさせる運動

そして最後にトレーニング。
世の中の整体はこれが足りていません。
ほぐして、関節調整するのはすべてはトレーニングの効果を高めるためなのです

どういうことか?

筋肉をほぐして、動きが軽くなったところで、+-0(プラスマイナスゼロ)の状態です。
ここから+へ転じさせてこそ、初めて「健康に近づいた」と言えます。
トレーニングは0から+に持っていくために必要不可欠。

主に自重運動を指導

当整体では、無理なく自重運動(自分の体重などでできうる範囲の運動)を指導していきますので、
家でもトレーニングを宿題として行うことができます。
これが他の「リラクゼーション」店にはない整体たる最大の理由です。
リラクゼーションの整体は、ただ体をほぐして終わりです。
自分で健康管理するためには、何もできないですし
(また来てくださいと言われて終わりです)
すぐに、効果が切れてしまいます。
ただ、気持ち良さを求めるお客様が多いのも理解しております。
その場合は、「ほぐし整体」をご注文いただければ、こちらは「気持ち良さを追求」したものです。

■施術は45分ほどがお勧め

大体30分で1つの体の部位にフォーカスして調整をかけていくことになります。
施術分数は、45分ほどあれば余裕があり良いかと思います。
あまり一度に何か所もやっても、お客さんが(運動指導などをするため)その内容を吸収しきれないためです。
また、出張スタイルのため、その状況(部屋の広さやお客さんの状況)に応じて可能な物をご指導させていただきます。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

-出張整体情報