疲れ

幸福ホルモンの出る歩き方

2019/04/03

幸せな時は、疲れを感じていないと思います。
私は、幸福になるための心理学「ポジティブ心理学」が好きなのですが、

歩き方一つで、幸福時に出ているホルモン「セロトニン」が分泌されるそうです。

読んだ記事によると、細かいことが色々書いてありましたが、要するに「正しい姿勢で」歩くということが重要なようです。

例えば、猫背のまま歩いては効果が薄いようです。
また、歩く時には骨盤前傾でとあります。

要するに、前傾姿勢でということです。
どうして、良い姿勢がセロトニンと結びつくのかまでは、記載がなかったのですが、少なくとも良い姿勢・良い歩き方は、肩こりなどにも良いので、人間の体に負担のかからない姿勢というのは、幸福ホルモンも結果的にでやすくなるのかもしれませんね。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

-疲れ