クロマトーン

StudioOne クリック音をどうやって出すか

 

はい。今回は自動演奏と、実際の演奏をどうやって同期とっていたかという話です。

私のオーディオインターフェースは「AudioBox iOne」というもので、出力インターフェースが1個しかないものでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PreSonus AudioBox iOne  【Studio Magicプラグイン・スイート無償提供!】
価格:10800円(税込、送料無料) (2018/2/28時点)

 

これですね。

今回は、イヤホンの出力端子を使いましたが、さておき、

 

とすると、同期のためのクリック音を出そうとすると、演奏にも聞こえてしまいます。

じゃあ、どうしたのか?

そう、私は演奏用にMIDIケーブルをもっていたじゃあありませんか?

Yamaha UX16

Yamaha UX16

 

ヤマハ UX16(USB-MIDIインターフェイス)ですね。

これで、クロマトーンにクリック音の指示を出して、クロマトーンのイヤホンでクリック音を聞けば良い!という作戦にでました。

こんな感じです。

ではStudioOneでの設定画面です。

 

クリック音専用のトラックを作って、なんでもいいから、音を出すイベントを作ります。

これがそのままクリック音になります。

出力機器を、MIDIケーブルの「YAMAHA〜」ってやつを指示してやれば、OKです。

CH10なのは、MIDIでたしかCH10はパーカッションの専用チャンネルだからです。

別に違くても大丈夫です。

 

大体は曲の始まる前で トン・トン・トン・トン って感じで挿入します。

曲が始まっちゃば、ドラムの演奏音があるので、基本的には不要でしたが、HOMEは、曲のスピードが変則的になっちゃってたので、辛いところだけ、クリック音いれました。

 

本日は以上!

楽天ウィジェット

-クロマトーン
-