クロマトーン

リバースシンバルの掛け方

2018/09/26

今日はリバースシンバルの掛け方です。

先日の発表会での、最後の曲はこちらでしたが、この曲の最後の最後に

「シュー!」って音がします。

これは、リバースシンバルという音になるそうです。

シンバルの音を「逆再生」させた音になります。

ずばり、こちらのサイトにつくり方が載ってました。

波形を反転させるリバース機能 Studio One 使い方

ただ、こちらの動画ではCubaseの場合になっているので、StudioOneの場合は具体的にはどうか?ということを記載します。

事前に、シンバルの音のオーディオファイルを用意します。

シンバルを選択して、

音を配置します。

作った音を トラック→変換→オーディオトラックに変換 でオーディオトラックにします。

こんな感じのができあがりますね。

これを反転させます。

オーディオの中に「オーディオを反転」というのがあります。

すると、反転して、こういう波形になります。

これで、リバースシンバルは完成です!

ちなみに、楽器として元々リバースシンバルというのが選択できるみたいですが、私はいまいち使い方がわからなかったです。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

-クロマトーン
-