健康になる丸得知識

ランニングするときに気を付けること(3)

2016/06/19

ランニングするときに気をつけること(2)の続きです。
前回、良い姿勢の定義を説明しました。
今回は、良い姿勢になると何がよいのかについてです。

良い姿勢の利点

良い姿勢はまず、一部の体の部分に負担がかかりません。
負担は全身に分散されます。

なので、身体の不調がでづらくなります。
どういうことかというと
このように

良い姿勢のS字弯曲

良い姿勢のS字弯曲

横から見ると
「S」の形のように見えます。

これを脊柱の生理的弯曲というのですが、
これがバランスのいい「S」の字であれば、
重力が上からかかってきた負担が分散されるのです。

姿勢がが悪いと

逆に、形が悪いと、どこか一部に負担がいきます。
20150926-posture2
こんな感じのイメージで、首と胸が極端に猫背で曲がってたとすると、
その姿勢を維持しようとするため、そこにばっかり負担がいきやすくなります。

このように、良い姿勢は体の各部署にかかる負担を均等にしてくれるのです。
それでは次回は、もう一つの姿勢の効果について語りたいと思います。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

-健康になる丸得知識