ボードゲーム

楽しいボードゲーム !カタンの遊び方! (2)他の選択肢

はい、まず、前回の復習です。

1.ダイスを振ります

2.資源を受け取り

3.建物や道を建設します。

これを繰り返して行きますが、

特殊なダイスの目7について

まず、ダイスについてです。

振った際に、7が出た際の動きは特殊です。

7の配置されてるパネルはありません。

なので、資源を受け取る代わりに海賊・盗賊が動きます。

(通常盤の場合、盗賊です。)

まず、資源カードを8枚以上既に持っている人は、全プレイヤー、海賊に盗まれてしまうため、半分、自分で選んだカードを捨てなければなりません。

資源カードね

端数切捨てなので、9枚もってれば4枚でOKです。

ま、要するに溜め込んでカード持ってる人を不利にしようというルールですね。

そして、手番のプレイヤーが、海賊を海タイルの好きな位置に動かせます。

(陸地や海フレームには置けません。)

海タイルに、船を置いているプレイヤーがいれば、その中から一人選んで、資源カードを中身を見ないで1枚奪います。

こんな感じで、好きな場所に移動させます。そして、海賊のいるタイルに接して船がいます。

この赤のプレイヤーから1枚手札を奪うということになります。

さらに、海賊のいるタイルの船は、取り除くことができなくなります。

(船については後で説明しますが、街道と一緒です。)

 

また、海賊のいるタイルの周りには、新たに船を置くこともできません。

シナリオ次第で、盗賊・海賊は変わる

シナリオによっては、盗賊と海賊の両方がでてきます。

盗賊は、陸のタイル内で移動する海賊となります。

 

盗賊の場合は、盗賊のいる地形タイルからは、盗賊がいなくなるまで資源がでなくなります。

盗賊は、海を渡った島に配置できますが、海の中には置けません。

 

両方いる場合は、片方動かす

シナリオで、盗賊、海賊両方いる場合は、どちらか片方を移動します。

ということで、サイコロで7がでたら、盗賊・海賊の出番となるわけです。

 

開拓地・街道を立てる以外にやれる選択肢

それから、前回は、基本、資源は自分の建てた開拓地のある地形マップから入手するものでした。

しかし、それ以外にも色々入手方法があります。

サイコロを転がした後、資源カードを受け取り、その後、次のようなことができます。

1.他の人と交渉する。

俺は、3枚羊毛持ってるけど、

2枚の森林と交換しない??

みたいな交渉が可能です。

交換の枚数は自由ですが、タダで渡すことはできないのと、自分のターンでないプレイヤー同士ではできません。

2.銀行と交換する

山札に、同じ種類の資源を4枚出せば、代わりに好きな資源1枚を山札からもらえます。

3.港で交換する

港に、交換条件が書いてあるので、港に開拓地や都市が置いてあれば、その条件で山札と交換できます。

例えば、これは3対1と書いてあります。

好きな手持ちの資源3枚に対して、好きな資源1枚と交換できます。(つまりちょっとお得ですね。)

他には、港に専門港というのがあり、交換条件の資源の絵柄が書かれており、その絵柄○枚と1枚を交換できる、という場所もあります。

その場所では、絵柄の資源以外では交換できません。

 

また、資源を買うわけではないですが、次のような選択肢もあります。

4.発展カードを買う

このように3種類のカードがありまして、山札の下記画像では左上

のところにあります。

 

小麦・羊毛、鉱石をそれぞれ1枚と、発展カード1枚を交換できます。

に対して発展カード1枚交換できる。

(ただし、裏面になってるので、どれがでてくるかはわからない)

この発展カード、色々効果がありまして騎士のカード

は、使うと、盗賊(海賊)を好きな地形タイルに動かせます。

効果は7の目が出た時と同じですが、各プレイヤーが8枚以上持っていた場合に、半分にするという効果はありません。

それ以外は、一緒です。

 

また、この騎士のカードを3枚使ったプレイヤーは最大騎士力というポイントが入ります。

ただし、最長交易路と同じく、それより多く使うプレイヤーがいれば、そのプレイヤーにこのポイントは移ります。

 

進歩のカードです。

資源を使わずに、街道を2本建設できます。説明書には書いてないけど、船も2本建設でOKでしょう。

発見カードです

山札から好きな資源を2枚受け取れます

 

独占カードです

他のプレイヤーが持っている資源1種類を全てもらえます。

例えば、羊毛!を宣言したら、他のプレイヤーは持ってる全ての羊毛を独占カードを使ったプレイヤーに渡さなければなりません。

 

ポイントカードです

もってるだけでそのポイントになります。このカードは他人に見せる必要はありません。

1ターンで使える発展カードは1枚となります。そのターンに買ったカードは使えません。

 

 

とまあ、こんな感じの選択肢があります。

だいたい、説明できてきたと思いますが、

次回は、船について書きたいと思います。

 

 

-ボードゲーム