施術者の技術向上

こんな中学生が!

2016/06/12

youtubeを見ていると色々な発見があります。
なんと、146キロ投げる中学生が!!


捕ってるキャッチャーも立派な物です。
わたくしは110キロの球をキャッチボールで取るだけでも、
ちょっと怖いなと感じたことがあります。

整体的な視点で考察してみる

さらに、整体的な視点でいくと、
やはり、「筋肉」ではないのだと思います。
体格がそこまでいいとも思えません。

速い球を投げるのは技術8割なのでは?

やはり、速い球を投げるのは「技術」なのだと思います。
インナーマッスル(特に肩のはローテーターカフと呼ばれる)は、
鍛えても、球速UPに直結するとは考えづらく、
どちらかというと、「安定性」に寄与していると考えられています。

とすると、やっぱり「投げ方」がすべてなんじゃないかと思えてしまいます。

林は…昔色々やってみたのですが…うまくならなかった…

フォーム的にも、きれいな感じの投げ方。
うらやましいです。

その昔、ジャイロボールを提唱したトレーナー「手塚一志」さんの
作った、練習所みたいなところで、
一生懸命練習したんですけど、

↓手塚さんの書籍

 

 

ノーコンは全く変わりませんでした。
ちゃんと投げられるって憧れます。

-施術者の技術向上